桐の良いワケ

桐箪笥は昔から日本人に親しまれてきた家具です。
その特性が家具として優れていた為に、何代にも渡って、壊れる事や、破損して修理する事があっても使われ続けてきた理由だと言われています。
まず、良く桐箪笥の良い点とし挙げられるのが、吸湿性に優れているという点です。
桐の吸湿性は、梅雨の季節に良くわかります。
引き出しを開ける時に、ガタガタとなんだか重くなる事が、梅雨などのじめじめした時期にはよく起こります。
これは、湿気を桐が吸湿している証拠なのです。
衣類の中には湿気に弱いものが多く、昔は良くカビが生えてしまう事が多かったようです。
しかし桐箪笥にしまうことで、吸湿性に優れた桐が水分を吸収し、衣類のカビ防止の効果を果たすのです。

桐箪笥が良いと言われるポイントとして、熱を伝えにくいという事があります。
桐の表面には細かい空洞が沢山あるので、その空洞がある事が熱伝導の低い原因だと言われます。
桐箪笥は火に近づくと、萌はしますが、表面は焦げて、中までは深く火が入り込めない構造なっています。
その為に、衣服を守る事ができたという体験も良く聞かれます。

桐は比較的加工・修理しやすい木材です。
その為、古い面を削ると、すぐに切り独特の美しい木肌に生まれかわるのです。
例えば、火に当たって焦げ付いた桐箪笥も表面だけの炭化なので、その部分だけを取り替えて、削り直すと、元通りの姿を取り戻します。
桐箪笥の修理は、繊細な作業で、専門の家具職人でなければ出来ないと言われています。
板なお割れなどに対しては埋め木で修理する場合や、長い間使われた事で、丸くなってしまった角を元のようにしっかりとした角に戻すような修理など、高い技術が必要なのです。